他と何が違う?今話題の格安航空券!

同じ便でも航空券の価格が異なる理由

飛行機に搭乗するのに必要な航空券は同じ便でも価格が異なる場合があります。安く購入出来る航空券は航空会社が扱う正規の割引価格の航空券と、旅行代理店が販売している格安航空券に分かれます。格安航空券は旅行代理店が団体旅行の名目で航空会社から購入している航空券です。本来なら団体旅行に使う航空券を一般の利用者向けに販売しているのが特徴で、航空会社の割引価格よりも安価で購入出来る物が多数を占めます。また、格安航空券は旅行代理店ごとに価格設定を行っているので、同じ航空券でも販売価格に違いがあるのが航空会社の割引とは異なる点です。さらに、観光シーズンなど特定の時期になると販売価格が大きく変わるのも格安航空券特有の事象なので、購入の際は注意が必要になります。

飛行機の旅をお得に楽しむ工夫と注意点

格安航空券のメリットは航空会社の割引率よりも安い価格で購入出来る点です。出張など頻繁に飛行機を利用する人にとって、運賃の高さは非常にシビアな問題になります。少しでも支出を低く抑えるためには出来るだけ安い航空券を選ぶことが大切ですが、そのような状況で旅行代理店が販売している格安航空券は大きな助けになるのが利点です。場合によっては正規価格の半額以下で利用出来ることもあるので、上手に活用することで支出を抑えて空の旅を楽しむことが可能です。その反面、格安航空券は座席の指定が出来ない他、マイルを使ったサービスの利用対象にならない点も注意する必要があります。格安航空券はあくまで支出を抑えて飛行機を利用するための手段と認識することが大切です。