格安航空券のメリット、デメリット

格安航空券のメリット

格安航空券を利用する最大のメリットは、価格が他の航空券に比べて安いという点です。正規航空券はもちろん、航空会社が独自に設定した正規割引運賃により販売されているペックス航空券よりも安いです。なぜ他の航空券に比べて安いのかというと、格安航空券とは団体割引が適用された航空券だからです。航空機の空席率が高いと、航空会社は赤字になってしまいます。そこで団体割引が適用された航空券を大量に旅行会社に卸すのです。販売される航空券の価格や条件は旅行会社によって異なりますが、非常にお得になっています。またペックス航空券の場合、選べる座席はエコノミークラスだけですが、格安航空券の場合、空席があればビジネスクラスを選ぶことも可能です。

格安航空券のデメリット

格安航空券の場合、空席率によって価格が変動します。閑散期の場合は比較的安く購入することができますが、繁忙期の場合は価格が高騰しやすく、チケットが買えないことも多いです。また価格・販売方法・条件・制約は旅行会社が独自に決めています。キャンセル料についても旅行会社によって異なるので注意しましょう。さらに、格安航空券の場合、日時・便があらかじめ決められている場合が多いです。往復便で販売されていることも多いため、急な予定変更への対応は難しいです。予定が変更する恐れがある場合は、利用が難しいといえるでしょう。さらに格安航空券の場合、航空会社を自分で選ぶことができない場合も少なくありません。特定の航空会社のマイレージやマイルを利用することは難しいといえます。